33番から10番への旅

今年から夢生選手の番号が33番から10番に変わりましたが、これはどんな意味があると思われますかね?『番号が変わっただけで何も変わらないよ。』という意見ももちろんあるでしょうが、それではちょっとつまらないですよね。ここでは『なぜ33番を捨てたのか』『なぜ10番をOKしたのか』という感じで勝手に想像してみましょう。この背景にはやはり昨年の優勝を逃した悔しさがあるのではないでしょうか。その原因や理由については多くの人がそれぞれの考えでいろいろな意見が出されているところですが、選手は選手でいろいろと考えていると思います。33番を捨てる決意というのは、ここではある意味33番としてやるべきことはやった、やりきったという思いがあるのではないかと想像します。それにも関わらず優勝できなかったということが、新たなステップへ推し進める原動力なっているのではないでしょうか。そして10番という番号がそれにふさわしいかどうかはわからなくても、自分にかけるプレッシャーとして受け止め力に変えようとしているのではないでしょうか。今のままでは足りない、何かにチャレンジする強い決意があると想像します。それがどこまで広がっていくのか、どんな形になるのか今はわかりませんが、きっと新しい旅が始まっているのでしょう!私たちも一緒にその旅を楽しんで行きましょう。夢生選手のドラマは新しい展開に入っていますよ!