バリとバイク

先日バリ島へ一足早い夏を楽しみに行ってきました。ちょっと贅沢な感じでしたが、凄く安かったの思い切って行ってきました。ちょっと遠いですが、そこでのガイドさんの話が面白かったので紹介しますね。とにかくバイクが凄かったんです。夕方だったせいもあってか明らかに車より多くて2車線の車の間をどんどん抜いて行くんですが、運転がとにかく上手なんです。それも女性も多いんです。メイン通りはヘルメットをしていたのですが、脇道に入るとヘルメットなしでお母さんたちが2人乗り、3人乗り、4人乗りで子供達を乗せてスイスイ運転。反対路線も逆方向に走るバイクまで!ガイドさん曰く、『ここはポリスがいないから免許なくても大丈夫!僕も小学生から運転してました。』イヤー日本は自転車でヘルメット、さらに何か専用の二人乗り用だったり、電動だったりですからねー!こういうの大好きです!まだまだいいところですバリは!

ドラゴン桜

ちょっと古いテレビドラマですが、面白いですよ!その決めゼリフで『バカとブスは東大にいけ!』というのがあるんですけど。妙に納得してしまうんですよ。これっていろいろなことにも当てはまるような気がして、サッカー選手も『〇〇と〇〇はプロになれ!』のノリで、さらにわがままな奴はFWになれとか、いろいろ使えそうでいいですよ。そして一番の魅力は、建前トークを吹き飛ばす痛快さです!耳障りのいい言葉は利用されやすくて騙されやすいですからね!綺麗ごとに流されないでーて教えてくれているみたいです。夢生選手も大ファンだそうです。

べにまる? 解説

このわんちゃんは皆さんのLINEブログのコメントを読むと、どうも土居選手の愛犬のようです!そうだとすると夢生選手のこのコメントは土居選手へのコメントかもしれません!最近のゴールは土居選手からのプレゼントのような形で続きましたからね!これからもよろしくね!と言いたいのでしょう!皆さんはどう思いますか?

 

ライバル!

誰でもライバルと言われるような人が存在するのかもしれませんが、夢生選手にとってのライバルといえばやはり”藤沢典隆”この人を外すわけにはいかないでしょう。現在FC琉球のSBとして活躍中です。一味違ったそのプレーに是非注目です。それもそのはずで、彼はもともと前線の選手であり、その独特のサッカーセンスを武器にしてきた選手だからです。さて、そんな彼との付き合いは実に小学校時代にまで遡ります。彼もまた三重県出身であり、小学校の頃からその才能を高く評価され、トレセン等で共にプレーしてきた仲間であると同時に、いつも彼のチームは強くて前を行く存在でした。中学校卒業後彼はサンフレッチェ広島ユースへ、その時も練習試合ですが対戦しています。その後関西大学へ進学し、そこでもキャプテンとして全日本大学サッカー選手権の優勝を成し遂げています。ただその後プロへの道が開かず、苦悩の時期を一時期過ごしていたようです。そんな時に彼は単身でドイツへ渡り、そこで同じくドイツにいた夢生選手と再会することになります。それもまたすごい巡り合わせだと感じます。それから彼は日本へ戻り、いくつかのセレクションを受け、ついにFC琉球でプロの道を歩み始めます。そんな彼の諦めない気持ちや頑張りはいつも大きな励ましになっていたのではないでしょうか。そんな彼と対戦することが、さらに同じチームでプレーすることが、いつか訪れることを楽しみにしています。その日まで頑張れ二人!

激ウマのプレゼント!

596

ファンの方からのプレゼントです。

ファンの方からいただいた嬉しいプレゼントなのですが、本人が全部いただくということは難しいので、できるだけ無駄にならないようにスタッフがいただいたりしちゃっています。その中で(ちょっと前ですが)超美味しかったのがこれです。『きっと手作りだよねー』とか言いながらいただいてその美味しさにびっくり!これ売れる!ありがとうございました!!!!感謝!そして、勝手にいただいて御免なさい!

偶然だからラッキーなのか?

356

今回から”二人の独り言”編になります。

先日金崎選手と食事をする機会があり、回転寿司屋さんへ入ったのですがそこで渡された席がご覧の番号でした。皆さんはこれを普段どういう風に受け止めますか?私は超ラッキー、何かいいこと期待しちゃいますがな!