”よく出来ました!” | 金崎夢生オフィシャルウェブサイト

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

SEASON 13

NO-IMAGE
SEASON 13

”よく出来ました!”

2019年  SEASON 13  はどうだったのでしょうか?今年というより昨年のトーレス加入からから始まった鳥栖のチャレンジが、今年のトーレス引退という形で一つの区切りをつけたという印象が強いです。そんな流れの中でどの選手も様々な思いをしながら戦った1年だったように感じます。トーレス選手引退後はある意味戦い方を整理しながら自分たちの形というものを追い求めてやろうとしていたように思います。結果もそれなりについてきていましたので、成績で言えば、”よく出来ました”をあげたいですね。ただ、最後連敗してしまったのは残念でしたけど。ただ、そこは夢生選手にしても自身の”怪我さえなければ!”という想いだったと思いますから、大目に見ることにします。振り返ってみると、今年は序盤に勝てない状況が続き、いきなりの崖っぷちからのスタートということになり、あまり嬉しくない形ではありましたがそこでは大いに盛り上がっていたように感じます。それに比べると監督交代後は順調に勝ち点を伸ばしながらも順位的には下位のままで、昨年同様のJ1残留が目標という形で終わってしまいました。後半もどこかで盛り上がる形が欲しいところですから、ドラマとしてはやはり天皇杯頑張って欲しかったですね!そうすれば”大変良く出来ました!”でした。なんだかんだで、チームはすでに来季に向けて選手の移籍等で動き始めていますから、それぞれの選手の動向を見るだけで、来シーズンに対する各チームの目標や本気度がわかります。鳥栖は2020にどんなドラマを仕掛けようとしているのか楽しみに待ちたいと思います。

一覧ページへ戻る
J1残留!このアドバンテージを活かせるか! >>
PAGETOP
ページトップヘ